山形県寒河江市西覚寺「和煦悠揚館」
フルーツライン左沢線 羽前高松駅から徒歩7分

はじめに

沢山の方々のご協力のもと、
長い準備期間を経て
『公益財団法人和煦悠揚館』
の設立に至りました。
改めて感謝申し上げます。
和煦悠揚館スタッフ一同、
子供たちにも実際の作品に
触れてもらうことで
豊かな感性を育んで欲しいという思い、
また、美術制作を思考する人々の一助となることを
心より願っております。

お知らせ

1. 収蔵庫は雪深い地域にあるため冬季は三ヶ月程見学の予約は受付致しません。
ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
  【期間:12月15日 ~ 3月末日迄】
2. 見学を希望される方は、希望日の一週間前までにメールにてご予約をいただきますようお願い申し上げます。

進捗報告

本物の漆喰を使った母屋の蔵の補修作業が完了致しました。

お問合せ

下記お問合せフォームよりお問合せ、または見学の予約をお願い致します。
※見学時間:10:00~17:00
※展示物につきましては当館の都合により適宜変更されますのでご了承くださいませ。

ご案内

【終了】2018.10月29日(月)~11月4日(日) 
    青柳健二(写真)松田重仁(彫刻)による二人展
    「水を掬う」

「水」をテーマにした二人の作家の共演です。
生命の源である「水」は、私たちの周りに常に存在しています。しかし水は流動的で一瞬たりとも同じ姿でとどまりません。
意のままにならないのが自然ですが、それでも、そっと手で水を掬うように、彫刻・写真というふたつの違った手法で、「水」の形を表現してみました。
(松田 重仁)

写真家 青柳 健二




1958 山形県河北町生まれ
1977 寒河江高校卒業
1982 山形大学工学部卒業 大学在学中から、
ヨーロッパ、アフリカ、アジアの国々を旅して
写真を撮り続ける。
2006 「棚田学会賞」受賞。

主な著書は、『メコン河』、『メコンを流れる』、『日本の棚田百選』、『アジアの棚田 日本の棚田』、『棚田を歩けば』、『花咲う』(共著)、『妻と犬連れ日本一周車中泊の旅』、『全国の犬像をめぐる』 などがある。

今回は「水」をテーマにした写真、とくに「メコン河の源流から河口へ」と「アジアと日本の棚田」を展示する。

彫刻家 松田 重仁





1959 山形県山形市生まれ
1977 寒河江高校卒業
1984 多摩美術大学大学院修了
2003/2015 越後妻有アートトリエンナーレ
2007 現代彫刻美術館「松田重仁展」
2013 韓日選抜現代美術作家展
2017 複号の彫刻家たち展

山形市役所/寒河江駅/ファーレ立川/国土交通省などパブリックアート多数。
木と真鍮により、
生命の根源である水をテーマに制作。
室町・桃山時代つながる日本人的美意識を基に、
現代の空間造形を創造している。

アクセス

住所:
山形県寒河江市高松西覚寺
32-1

電車:
フルーツライン左沢線 羽前高松駅から徒歩7分

お車:
駐車場に停められる台数には限りがございますので、お車でお越しの場合は事前に連絡を下さいますよう
お願い申し上げます。

powered by crayon(クレヨン)